小さな星がほらひとつ

ナナシブログ

仕事に趣味に書きたいことをつらつらと書いています、ひとつでも共感できることがあれば幸いです🎵

コーヒーと緑茶でアンチエイジング![アンチエイジング5日目]

YDKです。

 

前回のアンチエイジングの記事は[香りであなたは若返る]でした!

 

www.yaredeki.jp

 

 

今日は飲料のお話。

コーヒーや緑茶は好きですか(´◉◞౪◟◉)??

緑茶は古くから日本人に飲まれてきた所縁のある飲み物🎵

コーヒーも多様な種類があって、それぞれ好みの味・香りが楽しめるようになってますよね!

 

アンチエイジング医学の世界では、このコーヒーや緑茶が抗加齢に対して有効であるとされているんです!!

ということで、今日は美容というよりも健康面からアンチエイジングを紹介していきたいと思います!

今まで何気なく飲んでいたあなたも、少しだけ考えが変わるかもしれませんよ(*´ω`)

 

 

コーヒーのアンチエイジング効果❄

 

f:id:xYDKx:20170601225353j:plain

 

コーヒーは有用か有害か!?

この論争は常に行われてきましたが、最近の報告では有用性を主張する報告が多いということが分かってきているようです(。-`ω-)

 

🔴コーヒー摂取量と死亡率!

 

コーヒーが死亡率にまで影響している(´◉◞౪◟◉)!?

影響しているんです!実際に研究されエビデンスが報告されています!

しかもハッキリと摂取量による影響まで!w

なんと4杯/日以上コーヒーを飲み人の死亡率がほとんど飲まない人に比べて低下するという報告があるんです(; ・`д・´)

さらに、3杯/日以上飲むという人では心血管疾患のリスクが低下するという報告もあります(。-`ω-)

 

意外じゃないですか(´◉◞౪◟◉)!?

少なくとも僕はかなり意外でしたw

 

じゃあ、飲みまくれば健康にいいってこと??となるわけですが、そうはいかないのが健康の難しい所(;´Д`)

どういうことか見ていきましょう!!

 

🔴コーヒーが死亡率を下げる理由!

 

コーヒーを一定量以上飲むことで死亡率が低下する理由は

コーヒーの抗酸化作用がもっとも大きな要因とされています!

コーヒーにはポリフェノールが多く含まれています、ポリフェノールって単語は聞いたことがある方も多いと思います!

簡単に言ってしまうとポリフェノールは血液をサラサラにする効果があるんです(*´ω`)

これが抗酸化作用とされている効果で、必然的に心血管疾患リスクが低下し結果として死亡率の減少にもつながるということなんですね!

 

しかしこれはあくまでもポリフェノールの抗酸化作用にのみフォーカスを当ててみた話であって、コーヒーの飲みすぎによる副作用もあることを忘れてはいけません!

 

コーヒーに含まれるカフェイン、カフェインのイメージなんて夜眠れなくなるくらいのものしか持っていませんでしたw

しかし、カフェインの過剰摂取では貧血・頭痛倦怠感・神経障害などなど体に有害な影響を与えるんです(;´Д`)

特に解毒・処理能力が成長過程にある幼い子供にとっては過剰なカフェイン摂取はとても危険です!

 

まとめ(コーヒー)

 

f:id:xYDKx:20170601233658j:plain

コーヒーを毎日一定量以上飲んでる人には死亡率の低下というハッキリとした有用エビデンスがある

 

しかし一方でカフェインの過剰摂取による、副作用もあることは確か

 

一定の適量を自分の中で決めて飲むようにして、コーヒーとうまく付き合っていくことが大切!(3~4杯/日程度なら健康被害はほとんどないということです(・∀・))

 

 

 

緑茶の肥満抑制効果❄

 

f:id:xYDKx:20170601233932j:plain

 

コーヒーの次は緑茶です(*´ω`)

緑茶はなんとなく健康によさそう!?なイメージありませんか?w

そのイメージは結構正しくて、緑茶には肥満抑制効果があるんです!

30を過ぎて、なかなか痩せにくくなっている僕にとってもこれは無視できない話題なのです(´◉◞౪◟◉)

 

🔴緑茶の肥満抑制効果!

 

緑茶に含まれるカテキンが肥満にたいする効能を持っているということが分かっています!

カテキンポリフェノールの一種です。ポリフェノールには抗酸化作用があることはコーヒーのところで紹介しました!

つまりこのカテキンにも抗酸化作用がしっかりとあるんです(*´ω`)

 

カテキンによる脂肪酸の酸化作用抑制脂肪細胞の分化や増殖抑制といった作用。。

なんか小難しいですね・・(; ・`д・´)

簡単に言えば脂肪が付きにくい!!ということなんですねw

 

バラバラバラ‥のフレーズで有名な特茶のCMでも緑茶と脂肪の関係性はあらわされていますね(●´ω`●)

f:id:xYDKx:20170601235210p:plain

 

 

🔴緑茶による血管の若返り!

 

さらに緑茶には、小腸から糖質や脂質の吸収を抑制するという効果もあります!

つまり体に糖や脂肪が残りにくいということですね( `ー´)

 

血管の病気である動脈硬化は血管の内側にコレステロール中性脂肪といった脂肪の塊が蓄積して血管が狭くなってしまうことで起こってしまいます

f:id:xYDKx:20170601235809p:plain

 

なので脂肪吸収が抑えられることで、血管に蓄積してしまう脂肪も減る!ということなんですね(●´ω`●)

 

 

まとめ(緑茶)

 

緑茶に含まれるカテキンには肥満を抑制する効果がある

 

糖や脂肪の吸収を抑える効果があり、血管の健康改善につながる

 

コーヒー同様カフェインが含まれるの飲みすぎには注意!

 

 

 

以上、コーヒーと緑茶のアンチエイジング効果についてでした!

知っていたこと知らなかったことあったと思います。

僕はコーヒーが好きで毎日飲んでいるのですが、これからも適量を飲み続けるようにしようと思っています(・∀・)<適量をね!

 

あなたも毎日の生活にコーヒーや緑茶を取り入れてみてもいいかもしれませんね☆

少しでも参考になれば嬉しいです!

ではでは、今日はこのへんで、YDKでした!

 

 

<手軽においしく🎵パックで緑茶>

伊藤園 プレミアムティーバッグ 抹茶入り緑茶 50袋

新品価格
¥750から
(2017/6/2 00:07時点)

 <おいしいコーヒーを低価格で🎵オススメ☆>

AGF マキシム ちょっと贅沢な珈琲店 スティック 100本

新品価格
¥1,427から
(2017/6/2 00:09時点)

 

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス (Googleアドセンス、A8.net、Amazonアフィリエイト)を利用しています。
このような広告配信事業者は、 ユーザーの興味に応じた商品や サービスの広告を表示するため、 当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(住所、氏名、電話番号、 メールアドレスは含まれません) を使用することがあります。
 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール 「Googleアナリティクス」を利用しています。 Googleアナリティクスはトラフィックデータの 収集のためにCookieを使用しています。 トラフィックデータは匿名で収集されており、 個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで 収集を拒否することが出来ますので、 お使いのブラウザの設定をご確認ください。

著作権について

当サイトは著作権の侵害を目的とする ものではございません。 使用している版権物の知的所有権は 著作者・団体に帰属しております。

2017年4月10日 xYDKx