小さな星がほらひとつ

ナナシブログ

仕事に趣味に書きたいことをつらつらと書いています、ひとつでも共感できることがあれば幸いです🎵

最大の危機を迎えている日本、日本が抱えるゴミ問題の現実とは!?

今日、水上彰さんのテレビ番組で紹介していた

 

ゴミ問題

f:id:xYDKx:20181205215437j:plain

 

について、とても興味深く衝撃を受けたので紹介したいと思います!

 

 

 

ゴミ大国日本

 

日本という国がゴミ大国であるということは何となく意識していることではないでしょうか?

日本はゴミに対しての意識が世界的に見てもとっても低いんです💦

 

街中で見られるこのようなゴミ箱があると思います。

f:id:xYDKx:20181205215839j:plain

 

一度は見たことがあると思いますがこのゴミ箱、入り口はペットボトルとあきカンで分けられてはいますが、中では分別されていないゴミ箱が多いんです!

 

そしてさらにはこのような光景もよく目にするかもしれません・・

f:id:xYDKx:20181205221147j:plain

 

そう、家庭ごみの持ち込みです!!

 

こんな感じで日本のゴミ事情はかなり雑なんです"(-""-)"

そしてこれらのごちゃ混ぜのゴミを仕分けるとなると、莫大な人件費がかかります!

ただでさえ借金大国の日本にゴミ処理のための莫大なコストを支払うことはできません。。

 

ではどのように処理しているのでしょうか!?

 

その答えは・・・

 

中国です!

f:id:xYDKx:20181205222207p:plain

 

中国がゴミを買い取ってくれていた!

そう!

この大量のごちゃ混ぜゴミ、実は国内では一切分別することなく、まるまるそのまま外国へ輸出していたんです!!

 

日本から外国へ輸出しているゴミの量は

年間150万トン!!

f:id:xYDKx:20181205222509j:plain

ちょっと想像できない数字ですね💦

そして、このうちなんと130万トンが中国へ輸出しているんです!

 

しかも!

さらに驚くべきは・・

 

中国はこのゴミをお金を出して買い取ってくれていたんです!

その額なんと・・

500億円以上(@_@)!☆

f:id:xYDKx:20181205223030j:plain

 

 

中国がゴミを買い取ってくれる理由は??

 

プラスティックゴミのほとんどがもともと石油から作られています。

f:id:xYDKx:20181205223827j:plain

 

そして石油からプラスティックを作るにはそれなりにお金がかかってしまいます。

 

いっぽう中国は人件費がとても安い!

そのため、石油からプラスティックを作るよりも、ゴミを輸入して分別して再利用するほうがコストが安い!というわけなんです。

 

そのため中国はお金をだしてでもゴミを買い取っていたわけですね( ..)φメモメモ

 

ゴミを無くしてお金をもらえる日本 ⇔ 安くプラスティックを手に入れられる中国

 

というWIN WINの関係が成り立っていました!

 

しかし・・・

 

ここにきて大問題が発生しました・・

 

中国がゴミの輸入を禁止に!?!?

 

実は2017年末から、中国の習近平国家主席日本からのゴミの輸入を禁止してしまいました!

 

その最大の理由が、中国の環境汚染問題!

f:id:xYDKx:20181205224549j:plain

 

ゴミを分別し再利用するにあたり、ゴミを洗うための洗剤が川などに垂れ流しになり

深刻な環境汚染が広がってしまったためです。

f:id:xYDKx:20181205224809j:plain

 

それを深刻に受け止めた国の方針というわけですね・・

そうなると当然困るのは日本!

 

ゴミが無くならないだけでなく、500億円以上の収入が無くなってしまうわけですから!

 

すでの国内ではゴミの処理が深刻化し始めており、焼却したゴミから出た灰を埋める廃棄処理場が不足しているようです。

 

日本がゴミだらけのゴミ大国になってしまうのは遠い未来の話ではないかもしれません

 

日本が助かる道はあるのか?

 

では、この日本がこの状況から脱出できる方法はあるのでしょうか?

 

日本がモデルにしなければいけない国があります。

その国とは

 

スウェーデン

f:id:xYDKx:20181205225946p:plain

 

スウェーデンはゴミの再利用率が99%以上あります!

まずは、圧倒的に国民のゴミの分別への意識が高いことです

 

(例1)ボールペン

外側はプラスティック

芯の先は金属

バネも金属

 

(例2)付箋

ノリがついているところは可燃物

ノリがついていない部分は資源ごみ

 

という感じで、かなり細かく分別対象となっており国民のほとんどがその分別を家庭でおこなっています!

「ゴミも大切な資源」

という考えが国民に根付いているようです!

 

さらにスウェーデンでは、ゴミを処理する際にその約半分をエネルギーとして利用しています!

 

ゴミを焼却する際に発生する熱を家庭の暖房に利用しているそうです!

素敵♡

f:id:xYDKx:20181205231104j:plain

 

ここまでの高い意識を普及させるのは、本当に大変で時間のかかることですが

スウェーデンのようなゴミへの意識を日本も少しでも取り入れていくことがこれからの日本のゴミ問題を解決していくことにつながると思います。

 

自分たちだけではなく、子供たち、その子供たちのためにも美しい日本を残していくことは今を生きる日本人の義務なんじゃないかな?と今日の番組を見て思いました。

 

少なくとも、これからは無駄に家庭ごみを外に捨てたり、分別せずに捨てるといったことはなくしていこうと思いました!

 

日本から余計なゴミが少しでも減りますように!

 

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス (Googleアドセンス、A8.net、Amazonアフィリエイト)を利用しています。
このような広告配信事業者は、 ユーザーの興味に応じた商品や サービスの広告を表示するため、 当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(住所、氏名、電話番号、 メールアドレスは含まれません) を使用することがあります。
 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール 「Googleアナリティクス」を利用しています。 Googleアナリティクスはトラフィックデータの 収集のためにCookieを使用しています。 トラフィックデータは匿名で収集されており、 個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで 収集を拒否することが出来ますので、 お使いのブラウザの設定をご確認ください。

著作権について

当サイトは著作権の侵害を目的とする ものではございません。 使用している版権物の知的所有権は 著作者・団体に帰属しております。

2017年4月10日 xYDKx